武蔵伝

超絶久しぶりの「石川賢」カテゴリでの更新です。






武蔵が複数いる、という発想だけでも面白いのに、それを徹底的に押し広げて、なおかつ大風呂敷を広げまくる石川節全開。しかも今回は、しっかり完結している(笑)。読んでる間は、めくるめく幸せな時間でした。
何か未だに、石川先生がもうこの世にいらっしゃらないなんて信じられないです。まだ読んでいない石川作品もいっぱいあることだし、少しずつ、噛みしめるように鑑賞していきたいと思います。

神州纐纈城3&4 原作・国枝史郎(bk1−3巻・4巻)

神州纐纈城―国枝史郎「神州纐纈城」より (4)
 満を持しての石川版「神州纐纈城」完結です。そういえば3巻の感想も書き忘れていたので一気に。3巻、やはり織田信長の登場に燃えました。そして、あの山中をゆく大船団の偉容にも。4巻の後書きで知ったのですが、信長の介入は石川センセのアイデアとのこと。先生、グッジョブ!です。そして、それら石川センセサイドと原作双方の伏線が一気に流れ込んで、完全オリジナルの4巻で怒濤の完結となるわけです。
 この結末を見届けて改めて感じ入るのは、やはり石川賢の「異界」へのこだわり。
魔界転生」の魔界、「魔空八犬伝」の魔空、「虚無戦記」のドグラ…石川作品のうちかなり多くのものに、「異世界からの侵略」もしくは「次元と次元の闘争」、そして「空間・次元そのものをを浸食し合う戦争」。今回もまた、「地獄界」という異界との攻防に物語は収束していきます。
 石川氏にとって、我々の生きるこの世界とは、おそろしく脆く危ういものであり、少し異質なものが入り込んだだけでもバランスを崩してしまう、隙間だらけのものなのかも知れません。
 その、悪夢が忍び入らんとする世界の陥穽を、想像力や物語の力で埋めようとする…石川氏がこのモチーフに執着し、荒れ狂うがごとき筆致で作品を描きあげる理由は、そういうことなのかも、なんてふと思ったり。
 これまでの石川作品に通じるデジャヴを楽しみつつ、太古のリズムのごとき力強いアクションの波に乗った作品でした。でも、これが終わりと思うと寂しいなあ…

]新ゲッターロボ 9話〜10話感想

 えーもう終わりに近づいてるんですか新ゲ。なんか、せっかく盛り上がってきたのに寂しいです…謎はちゃんと解けるのか。
 新ゲッターロボ(5) [DVD]
 原作版真ゲの展開を取り込んで、ますます謎が深まりますが、この流れで真ゲの謎つまりゲッター線と生物の進化、ゲッターの導く宇宙の未来、なんかのかれこれが結びつくのかどうかが心配。それはともかく、真ゲ原作の名場面が映像化されたのは嬉しいけど、せっかく新しいゲッター世界を存分に作ってくれている今作ですから、ここで妥協して欲しくなかったような気も…
 まあ、細かい理屈はおいといて、今回も展開のリズムは良く、面白かったです。でも、作画はいささか雑でしたなあ。そろそろスタッフも疲れてきたのか?
 ともかく、DVD最終巻が楽しみです。

新ゲッターロボ 1話〜8話感想。怒濤のニューウェイヴ

 超久しぶりの石川関係のネタ、いや、本当は真説魔獣戦線とか、ネタはあるんですが…感想書くのが難しくて(テーマ深すぎて)。
 というわけで、スカパーで放送開始されてから遅れること数ヶ月、やっとDVD4巻まで観たので、感想書きます。
 トータルな感想としては、「やっとここまで悟ったのね!川越監督!」という感じ。
 はっきり言って微妙だったチェンゲ、はっきりとポイントがズレてたネオゲ、正直新ゲはどうなんだろう…?と不安でしたが、ネットでの好感触な感想を読み、期待して鑑賞。そしてそれは裏切られませんでした。
 ケン・イシカワ作品の持つ熱量、狂気と暴走のベクトル、そしてゲッターとしての基本フォーマットをきちんとふまえた上で繰り出される、新たなゲッターワールド。「鬼」といえば百鬼帝国ですが、新ゲにおける「鬼」は、全くそれとは無関係な新しい敵。
 オカルトとゲッターの融合ってのも、なかなか味わい深いっすねえ。
 ってなわけで、各巻ごとの感想など。


新ゲッターロボ(1) [DVD]
新ゲッターロボ(1) [DVD]
 割と原作コミック版の序盤に忠実な展開。それにしたってハヤト壊れっぱなしでまともな台詞ほとんどなしで、これではまるで猿です(笑)それにしても竜馬借金まみれって…(滝汗)


新ゲッターロボ(2) [DVD]
新ゲッターロボ(2) [DVD]
 武蔵坊弁慶、というムサシとベンケイのハイブリッドでありながらしっかり新しいキャラが結構いいっす。この辺も、基本フォーマットを敢えて裏切ったりしながらも発展させていて好感触。三人が結構原作以上に仲が悪いのも、なんか逆にいい味出してます。


新ゲッターロボ(3) [DVD]
新ゲッターロボ(3) [DVD]
 ゲッター3初登場は、武蔵坊、完全に密教僧モードな戦闘シーンがかっこよすぎです。数珠がコントローラーになってるのかっっ?そして、予想もつかなかったあんな舞台変更。燃える!


新ゲッターロボ(4) [DVD]
新ゲッターロボ(4) [DVD]
 そう来たか!という怒濤の展開。しかもしかも、この登場メカの数々は…イシカワ変化球時代劇を見事に取り込んでいるではありませんか!やられたよ…敵は****ってのも、ある意味ではゲッターアーク的な展開でしょうか?それはともかく、竜馬のスプラッタな暴れっぷりや等身大のくせにゲッターをさんざん苦しめる****など、見所多し。五芒星に囲まれるゲッター1なんて、こんなにも絵になるとは思いませんでしたよ。


 5巻からまた現代に戻るようですが、なんかそっちも雲行きが怪しい。先が読めない…本当に楽しみです。

迅速な対応

 先日、ふりーく北波氏のブログ(http://black.ap.teacup.com/devilwing/5.html)経由で知った「インターネット殺人事件」さんでのゲッター原作者誤認騒動?ですが、指摘を承けて迅速に修正されたようです(http://internet.kill.jp/d/200408.html#d15_t1)。素早くしかも大人の対応。
 すっきりした、というよりは、なんかこっちが恥ずかしくなりました。よく考えたら自分も、かつてゲッター用語辞典のようなものを不遜にも作ろうとしていて、ハヤトの項目での説明で認識不足を北波さんに指摘されて修正したことがあるのを思い出したりして、人のことを言える立場でもなかったなあと。
 ともかく、「インターネット殺人事件」さんでの石川賢ネタが面白いのはたしか。これからも頑張ってください!

ゲッターの作者が間違われる理由

 新しく設置された、ダイナミック界の界王様、ふりーく北波氏のブログですが、  
 http://black.ap.teacup.com/devilwing/5.html
 ここで言われてる大先輩の悩みに、激しく同意なのです。
 なあんでこんなに間違って認識してる人が多いかな>ゲッター作者
 実は自分の身近にも割と多くて、ゲッターの話をすると「やっぱ永井豪は天才だよな」という返答がかえってきて(いや、この言葉自体に異存は無論ないんですが)、いや、ゲッターの作者はこれこれでかくかくしかじか、という遣り取りになる確率高いのです。
 理由を考えてみるに、結構TV版ゲッターのクレジット「原作 永井豪石川賢」で豪ちゃんの名前だけくっきりメモリーしちゃって、そのままゲッター=永井豪として認識されてしまう場合が多い模様。これは、自分の相手が、原作をちゃんと読んでいなくって、「いや、ゲッターは原作こそ凄いんだ」という話をした場合、先述の会話の流れになった、というケースが多いからなんですが。
 ただ、ふりーく先輩が今回例に挙げられてる方は、はっきり「ゲッター號から作画が石川賢になった」と「ユダヤ人虐殺はなかった」くらいの歴史捏造をなさっておられるわけで…(滝汗)一体どんな根拠でそんな誤解ができるんだか。たしかに、ゲッター初連載時と號のときとでは、随分絵のタッチは変わってきてはいるけどさあ…

神州纐纈城2 原作・国枝史郎(bk1)

神州纐纈城 2 (KCピ-ス)
 お気づきの方もいるかもですが、やはり石川賢氏の作品はカテゴリとして独立させることにしましたー。
 未完の伝奇大作とケン・イシカワのコラボ第二巻。どうやら全4巻らしい。中盤すなわち起承転結の「承」に相応しい、今後の「転」を期待させる盛り上がり。纐纈城の中で何が行われているか、具体的な描写がどんどん出てきますが、想像を絶するというかむしろ想像したくない壮絶さを逃げず真っ正面から描ききる賢様はやはり鬼才と言わねばなりますまい。しかし、この話の感じだと、主人公は鳥刺し氏?原作だと庄三郎だとどっかで見たような。でも、鳥刺しの方が石川ワールドの主人公に似つかわしい気はしますな。
 原作も読みたくて、たしか講談社の文庫を持ってた気がしますが、どこに行ったかわかりません(おい)積読が多いからこういうことになるんだな…