もうちょいで50冊~

残念ながらこの年の瀬でも50冊には到達できていないわけですが。それでも48冊。どうにか1年で50冊、いきたいです。

 

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)

 

 

 

カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)

カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)

 

  実は久々の帯&ジャケ買い。ですが、今回は直観に従ってよかった!名探偵アテュカス・ピュントの結末が欠けたシリーズ最新作原稿に秘められた真相と、現実世界の作者の死が交錯する。面白かった~。作中にちりばめられた実際の作家名やミステリ。テレビシリーズ名にニヤリ。バーナビー警部は俺も大好きですよ。

 

リピート (文春文庫)

リピート (文春文庫)

 

 ドラマの方を先に観たのですが、大分変わってますねえ。どっちも面白かったですが。

 

 古い作家さんなので読みにくいのではないかと心配してましたが、サクサク読めました。「海王星市~」は、映画「美女と液体人間」を思い出した。戦慄的。

 

 こっからあとは、書影のみでご容赦を。

 

 

 

 

 

アニメ 攻殻機動隊 名言集 (KCデラックス)

アニメ 攻殻機動隊 名言集 (KCデラックス)

 

 

 

江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)
 

 

 

 

 

怖い短歌 (幻冬舎新書)

怖い短歌 (幻冬舎新書)

 

 

 

川崎モデルの実践~多様な就労支援が生きる力を育む~

川崎モデルの実践~多様な就労支援が生きる力を育む~

 

 

 

日本史再検証 悪人の真実 (別冊宝島 2599)

日本史再検証 悪人の真実 (別冊宝島 2599)

 

 

36冊!

 前回更新から、11冊も読んでます。近年まれにみる快進撃。できれば今年は50冊いきたい。

美凶神 YIG 下 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

美凶神 YIG 下 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)

 超人たちが邪神どもと堂々と渡り合ってしまう菊地ワールド万歳。堪能しました。完結して良かった。
死霊狩り【ゾンビー・ハンター】〔全〕 (ハヤカワ文庫JA)

死霊狩り【ゾンビー・ハンター】〔全〕 (ハヤカワ文庫JA)

 なかなかヘビーな読み応えでしたが…悲しいのは、話の中で「ゾンビー」そのものと闘うシーンが本当に少なかったこと(笑)。それにしても、世界初の「ゾンビー」は、今現在の生ける屍どもの姿とはずいぶんかけ離れていて逆に新しく感じました。
槐(エンジュ) (光文社文庫)

槐(エンジュ) (光文社文庫)

 月村了衛さんは「機龍警察」シリーズしか読めていなかったのだけれど、「機龍〜」とはまた違った読み応え。まさに銃弾と流血とアクションのジェットストリーム。あっという間に読み終わりました。設定が七月鏡一さん原作の某ガンアクションにそっくりだったりしますが、面白すぎてそんなことはどうでもよくなるし、槐さんは槐さんでめっちゃ存在感あるからいいのです。
岸辺露伴は戯れない 短編小説集 (JUMP j BOOKS)

岸辺露伴は戯れない 短編小説集 (JUMP j BOOKS)

 相変わらず読みごたえあり。しかし、こうも沢山変な人たちに遭遇する露伴先生は実は相当についていないんではないだろうか(笑) ジャケ買い。樋口先生、60代なのにこんな瑞々しい青春ミステリが書けるのはすごいと思います。なんか全体的に可愛い。特にミケ。ヒロインはメイではなくてミケ(笑) この話、中学時代に児童書で読んでたんだけど、そっちは本編のほぼ三分の一くらいまでの箇所で終わってたことが判明(笑)。いやあ、読んだつもりになってた自分が恥ずかしい。面白かった。
平成を愚民の時代にした30人のバカ

平成を愚民の時代にした30人のバカ

「スーパー戦隊」vs「メタルヒーロー」超解析!

「スーパー戦隊」vs「メタルヒーロー」超解析!

 冊数でいうと結構読めていても、ページ数の少ないムック的なものもあるから若干ズル感あり(笑)それでも、そういうのを入れても微々たる冊数だった年もあるから快挙であることには変わりなし。引き続き頑張って読みます。

最近読んだ本

 二階堂蘭子シリーズに新刊が出てたの気づいてなくて、大分遅れて最近購入。実は人狼城以降の作品読めてなかったりするけど(^^;「ロシア館の謎」の続編ということで、今回は積まずに読了。感想は…うーん、面白かったけど、蘭子シリーズにしてはトリックが大人しいのでちょっと消化不良!シュペア老人の過去があれこれ分かったのは嬉しかったけど!2作目は大分プロットが複雑化してますが、読者を混乱させることもなくリズムよく一気に読ませる力量は流石。猿っちと新田のコンビはアニメでも気に入ってたので、原作での活躍が読めて嬉しかったです。
岸辺露伴は叫ばない 短編小説集 (JUMP j BOOKS)

岸辺露伴は叫ばない 短編小説集 (JUMP j BOOKS)

ウルトラジャンプの付録として収録された諸短編、読み逃してたのもあったのでこうして改めて出版されるとウレシイ。粒ぞろいのトリッキイな短編の数々、堪能しました。もうすぐ発売される二冊目も楽しみ。
眠れなくなるほど面白い 図解 宇宙の話

眠れなくなるほど面白い 図解 宇宙の話

 コンビニで見つけて、ふと宇宙のことを勉強してみたくなったので。

 現在25冊。100冊の四分の一(笑)

私的原りょう祭り、コンプリート

 前回の更新時にちらっと触れた、「私的原りょう祭り」。ついに全作品読了しましたよ。これで次の新刊が出るまで、きっと十年近く寂しい思いをすることになるとは思うのですが、それも楽しく耐えられそうな素敵な読書体験でした。

未成年が絡んだ事件ばかりの不思議といえば不思議な短編集。だけど、出てくる青少年は然程天使ではない(笑)が、未成熟な子供たちを見守る沢崎の視線がシビアなように見えて実は温かい。かっこいいです。 第一部?完結のラストにふさわしいボリュームと熱量の大作。元パートナー渡部との関係にも一応の決着がつくが、メインの事件のほかに沢崎と渡部をめぐる錦織や橋爪の暗闘も熱い。重厚な一編でした。 第二部?開幕エピソード。二転三転するプロットが手に汗握る。若干年を経た沢崎はやっぱりかっこいい。

 それにしても、次回作の沢崎さんは一体年齢いくつになっておられるのでしょうか
(笑)「それまでの明日」で事務所はお引越しされたので、また新たな街で抒情あふれるドラマが生まれると思うとワクワク。

、2巻までクインテットの猛威を傍観するしかなかったウフコック陣営の反撃だが、なかなかに血みどろで絶望的な戦い…ですが、ラストでついに!(ネタバレしてえ!)次巻からが真の反撃開始か?目が離せません。

 アニメでこの作品を知り、手に取ってみましたが、アニメはなかなか原作に忠実、原作もノワール風味の世界観を軽妙にリズムよく読ませて快作。続きも読んでしまいそう。

 古い作品なので物語の時代も舞台も古いが、そんなことを忘れてページを繰ってしまう法廷闘争の醍醐味。当時の裁判制度の記述も勉強になる。

 話題になってたので手に取ってみました。進化って、必ずしも最良の形で進んできたわけではないのねえ、と可笑しいやら諸行無常にとらわれるやら(笑)ともかく楽しい本でした。
 
 はやくも2018年も半分過ぎましたが、ここまでで21冊。久方ぶりの読書ペース。このペースをどうにか維持したいです。

私的原りょう祭実施中(笑)

 滅茶苦茶久々に一ヶ月の間に二回目の更新。
 原さんの新刊「それまでの明日」が出版されたのがきっかけで、私的原祭りを実施中なのですよ(笑)原さんの作品は基本的に全部持っていたのだけれど、1作目の「そして夜は甦る」を若い頃に読んで、そのプロットの複雑さと濃密な文体について行けず、ずっと積ん読のままだったのです。そんな状況だったので「それまでの明日」も買うかどうか悩んだのだけれど、ここまで全冊持っているのだし、えいやっと買ってえいやっと読んでみたら、めちゃくちゃ面白い。沢崎さん、もう50歳過ぎだけどかっこいい。渋い。ストーリーも人物も描写も、すっと入ってくる。どうやら、過去に読んだときに十分楽しめなかったのは、自分の方が読者として未熟だったからのようです。年齢を経て楽しめるようになってくる作家や作品って、やっぱりあるんだなあ。余談ですが、コリン・デクスターも自分にとってはそういう作家さんでした。

それまでの明日

それまでの明日

 その流れで、もっと原作品が読みたくなり、次に手を取ったのは「私が殺した少女」でした。

私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

 これまた、高校時代に読もうとして挫折した経験あり。30年近く経ってのリベンジであります。直木賞に相応しい、スリリングでかっこいい作品。面白かったー。しかし、「それまで〜」と読み比べると、文章の感じがかなり違う。改行が少なく、読み飛ばしを許さない密度。昔ある方が原さんの文章の変化(「愚か者死すべし」以降)について、おそらくは手書きとワープロorパソコンの差、と仰ってたのですが、そういうことなのかなあ。どっちの文体も今なら楽しんで読める(笑)

 こうして原さん熱が跳ね上がっているので、この勢いで原さん全部読んでしまおうかと考えています。しかし、新作まで14年ですか(^^;次の作品が読めるのは何年先だろう…
 ちなみに、ここまでで今年の読書冊数は13冊。この勢いをどうにか1年維持したいです。

好調?

 今年はなんだか読書がはかどっていて、2月末で11冊です。中には、通常の本1冊というにはやや活字量が少ない作品もありますが、それでもどうかすると読書が全然駄目だった年の冊数に匹敵しています。今年はこの調子でいきたい。けれど相変わらず購書冊数の方が多いので、積ん読の消化にはなっていないという(^^;困ったもんです。

ディレクターズ・カット

ディレクターズ・カット

久々の歌野さんですが、切れ味は相変わらず。衝撃のどんでん返し、それを上回るイヤな読後感(笑)いやあ、面白かった。けど、登場人物の誰一人好きになれなかったわ(笑)それも含めて久々の歌野節。堪能しました。テレビ業界コワイ! 今期アニメが放送開始されたのにつられて手に取ってみました。山田風太郎作品の続篇を山田正紀が書くという、名前も貫禄も納得の作品。ですが個人的には、原典「甲賀忍法帖」のひりひりするような忍法合戦に比べると、やや大人しすぎるような…スケールとしては最高だし、「甲賀〜」から続く忍者達の宿命が果たされるという、続篇もしくは完結編として完璧と思います。まだアニメも放送中ですし、この骨太の原作がどう料理されていくのか、楽しみに鑑賞したいと思います。
坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

 やはり自分も高知県人なので、書名が気になって手に取りました。圧倒的な取材に基づく、坂本龍馬の本質。冷徹な現実主義の革命家としての人物像は新鮮。ってほど自分幕末及び坂本龍馬について勉強しているわけではないのですが。今後、ドラマや小説で描かれる龍馬像に、こういう側面が盛り込まれたらかなり面白くなりそう。 生瀬範義展連動企画の復刊、ジャケ買いです。恥ずかしながら、今までウルフガイ未読で、あまり知識もなかったのですが、改めて読むといろいろ発見あり。犬神明さんて、初登場時中学生だったのね(^^;…てなことを忘れるくらい、話の中身はヴァイオレンス。一気読みしました。そして、生瀬さんのイラストの雰囲気も一緒に堪能。面白かった!
横浜駅SF (カドカワBOOKS)

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

 以前から作品の存在は知っていたが、これまた衝動買い。いやあ、なんという奇想。なんという世界観。「横浜駅はいつも工事中」という日常からの超絶SF発想力ジャンプ。物語としては、全体的にどちらかというと優しく大人しい感じのお話で、爽やかな読後感でした。
一行怪談 (PHP文芸文庫)

一行怪談 (PHP文芸文庫)

 1ページにつき一つの文章、一つの怪談という、なかなかに過酷な縛りの1冊。活字量は少ないが密度極めて高し。どの話も、おもわず「うわあ」と声が洩れてしまうおぞましさと不快感(褒めてます)。密度高いが故に、読み飛ばさずじっくり味わえました。 ネットで結構長いお付き合いの友人、エロゲシナリオライターのFuzisawaさんの小説デビュー作。自分も戦隊物・変身ヒーローは大好きなのですが、もうちょいバトルが盛り上がれば嬉しかったのに(;;)ですが、そこがポイントの作品ではないのでやむなしです。これからも応援しています!

今年の年越し読書は…

 2017年じゅうに一冊読了することは結局叶わず、年越し読書と相成りましたのは、2年前の「このミス」1位。いや、もっと早く読んでおけば良かったと思う傑作でしたよ。

王とサーカス

王とサーカス

さよなら妖精」はかなり前に読んだのだけれど、その悲しい結末以外の部分を(登場人物の名前も含め(^^;)キレイに忘却していましたが、それでも面白く読めました。異境ネパールでの、これまで生きて学んできた知識や常識がただの傲慢に過ぎないことを突きつけられながら闘う孤独感。やがてそれすらも乗り越え、記者としての誇りを見つけ出す大刀洗さんの姿は、雄々しく美しい。この場所を知らしめるため、かなしみをサーカスにしない…これは、ジャーナリストだけでなく、物を書く人間全てが肝に銘じるべきことだとしみじみ感じましたですよ。 
 
 …さて、正月三が日で1冊。できれば1月中にもう2〜3冊は読みたいと思うのですが…2018年はどうなりますことか。