4ヶ月でどうにか40冊…

 年度替わりの繁忙をどうにか切り抜けGW。本当ならここで読書に励みたい時節であるはずなのですが。今年のGWはなんか三連休が二回ある、という感覚でがっつりまとまった時間ができる感じになりにくく(贅沢?)あんまり本読めてません。ただそれでも標題のとおり4月末までで丁度40冊には到達しましたよ。何故か今頃夢枕獏さんの大長編に手を伸ばしたりしてます。

 全4巻の大長編一気読み。全てお見通しの超絶オカルティストと純朴な友人のバディ、という組み合わせはほぼ「陰陽師」シリーズと同じなのですが、何せ主役はあの空海、舞台は中国なので物語のスケールもキャラ達の立ち居振る舞いも実に雄大。兎にも角にも、獏先生が空海を好きで好きでたまらないのがビンビン伝わってきて仕方ないのです。

 こちらも大長編。全5巻。獏さんの作品の中では類型的、という評価も見かけますが、しばらくぶりに獏さんの伝奇アクションに触れた自分としては、懐かしい友人に再会したかのような感覚。これまた一気に読み切りました。でも、あのラストはちょっと悲しすぎた。だけれども、「彼」の帰還が微かに匂わされてるような気もして、とても余韻深い。

 それにしても、上記2長編、どっちも10年以上の歳月をかけて完結してるんですね。その長い年月、物語開始当初のテンションを最後まで保ち続けられるというのは本当に凄い。やはり獏さんは小説を「書く」ということが好きで好きで仕方ないのだなあ、としみじみ。

 

 本屋大賞は伊達じゃない。感情のないユンジェが徐々に他者を知り、自分を知ろうと変わっていく様が、実に自然に繊細に語られていて、微笑ましい。素敵な物語でした。

なんて素敵なタイトル。ぶっちゃけタイトル一目惚れ買いです。猫という生き物がいかに自由で、だけれども繊細で優しくて、自分自身を貫いているかが改めて認識できる一冊。うちの子たちも、日々の生活をうれしいと想いながら過ごしてくれているといいなあ。

蜜蜂と遠雷」の個性的なキャラ達にまた会える、素敵な短編の。「蜜蜂~」を読んだのは大分前なので、ちと記憶を掘り起こすのに苦労したところはあるけれども、同作の音楽描写の美しさはそのまま引き継がれていて素敵。ホフマン先生と塵くんの出会いを描いた「伝説と予感」は詩的で神話的ですらあります。

 

 こっからは、毎度ですみませんが書影のみで。

 

最近読んだコミック

なんか、読んだコミックの冊数があまりに多すぎて(前回の更新から後35冊)書影をのっけるのすらしんどい(^^;なので、印象に残っているヤツだけ紹介。

  ジャケ買いです。猫漫画も巷には実に数多あふれているのですが、この発想はこれはこれで可愛くて面白い。使い魔になっても猫は猫。素敵です。

 

 貧困ビジネス編、完結。いやあ、ここまでできるCWはなかなかいない。そして、本当に人助けをしようとするとき、行政として毅然とした対応を取ろうとするとき、やはり身の危険とは切り離せないのですよねこのお仕事。でも、汗を流した後に、確かに「人を助けた」という実感を覚えられるのもこの仕事の醍醐味。全国のCWさん、頑張れ~

 本編の感想でなくて申し訳ないですが、「パーフェクトガンダム」と聞くとどうしてもプラモ狂四郎を思い出してしまうのが私の世代(笑)

 連載が始まった当初、果たして物語の終幕まで本当に描かれるのだろうかと心配になったりしてましたが、もう地球教壊滅!ゴールが確実に近づいてきてる感じがします(まだ遠いけど)。藤崎先生が終盤のあんな場面こんな場面をどう描いてくださるのか、本当に楽しみでたまりません!

 えげつなさすぎる悲惨展開のオンパレード、狂気、いったん読み始めたら最後までやめられませんでした。いじめられっ子救済タイムリープものかと思えば、後半に判明する何が正しくて何が間違っているのか、価値観の根本を揺さぶられる真実。…すごい話でした。それでも、最後は爽やかな読後感。まぎれもない傑作でした。

 行きつけの書店がやたら推したポップつけて並べてたので衝動買い。こんなニワトリいるわけないんだけど、そこも含めて謎がありそうで、今後の展開が楽しみ。しかしケイジはマジイケメン。

 「マンガ沼」で紹介されてたので衝動買い(衝動買い多いな最近…)。これまた救いがないというか価値観を揺さぶられるというか、度々「げっ」と言いたくなる展開の連続。人間の感情、特に愛情、自我ってなんだろうと考えさせられる。

 …それはともかく、侵略者と闘う存在が自己を失っていくことの悲哀、という展開にデジャブ感じると思ったら、「最終兵器彼女」に似てるんですね。不倫であっても一応純愛は純愛と思えば、その辺のテーマも共通してるのか。興味深い。

最近読んだコミック

 長谷川さんの新刊2冊!久々のオリジナル作品に興奮!マン・バイトはなんだか、高橋留美子さんの「人魚の傷」を彷彿とさせるなあ。沙さんかっこいい。クロスボーンガンダムは、もう「DUST」でお別れかと思ってたので素直に嬉しい!

 とうとうルパンで異世界ものやるとは…あざといねえ(笑)とはいえ、異世界でもルパン一味はかっこいのであった。

 毎週アニメ楽しみに見てます。しかし、あのナレーションの面々の贅沢さはなんなんだ!素晴らしすぎる!

 

 

一月は行ったし二月は逃げたし22冊

 相変わらずバタバタで正月以来の更新ですが、年が明けると大忙しで読書ペースにも影響が出つつあります。が、それでもどうにか二ヶ月で22冊。今年も100冊目指して頑張りますよ。

 新年初読書はこれでした。Twitterで呟いたらなんと安田均さんにリツイートされたので感動した!中高生の頃、ドラゴンランスシリーズを貪り読んだ身としては懐かしい友人たちに再会したような感覚でした。そして、マジェーレ兄弟がああ見えて青春時代はそれなりに色恋沙汰あったのが面白かった(笑)ドラゴンランスシリーズも戦記と伝説こそ読破してるけど、その後のシリーズは結構未読だったりするし、いろいろ手を出したくなってきましたよ。

 亡くなった妻が生前近藤史恵さんが好きで、このシリーズも読んでたのですが、私は未読でした…が、昨年12月にファミリー劇場で「シェフは名探偵」の一挙放送やってたのを見たのがきっかけで、読んでみました。いやあ、今まで読んでなかったのが勿体無い。面白い!原作も各編短くて読みやすいけど山椒は小粒でピリリと辛い名篇揃いなのですが、ドラマの方も良い感じでアレンジ効いててめっちゃ楽しみました。シリーズはまだ続いてるみたいだし、今後も追いかけよう!

 久々に読んだ宇佐美さん。事前情報なしに手に取りましたが、これも傑作だった…1700年を生きる家族と、新興宗教にはまり妹を死なせた(これにはちょっと仕掛けあり)母親を憎む主人公の交流にコロナ禍(ウィルス名は変えてるけど)を絡めてスケールの大きなホラー・ロマンになるかと思いきや、最後は「家族とは何か」を綺麗事ではなくそれでも優しく描ききる、素敵なお話でした。今のところ、本当に宇佐美さんの作品ははずれがない!

 月村さんの小説でこんな微笑ましいストーリーなのは珍しい。ある意味異色作?でも、この登場人物たちってどうかするとシリーズ化できそうな気もする。ほのぼのスパイアクション的な(笑)

 「藁の盾」、日本映画専門チャンネルでやってたのを見てから原作を読みたくて手に取り、木内一裕さんという作家さんを知りましたが…ビーバップハイスクールの作者さんだったのね。びっくり。何冊か追っかけ中。面白いです。

崇徳院~」、初めて読んだ「スリーバレー」シリーズ?の長編。いやいや、普段とは打って変わってシリアス。いつも軽口叩いてる感じの宮田さんにこんな背景があるとは。そしてこんなかっこよく探偵してくれるとは。ギャップを楽しみました。

 長く共に過ごした愛猫とお別れしちゃうと、つい姿を探してしまうのは養老先生でも同じなのですね。養老先生の本なので、猫の姿を通していろいろ深く生命のあるべき姿を考察していらっしゃるのも興味深かったです。

 

 すみません、毎度のことですがここからは書影でご容赦ください。

 

謹賀新年&久々リニューアル

って、年が明けてもう3日も終わろうという時間ですが。明日からはまた日常。

新年読書の1冊目、「レイストリン戦記1」も上巻読み終わり、今年の読書はじめは順調。そこで調子に乗って、久々に干支にちなんだイラスト描いて、サイトもプチリニューアルしてみましたよ。いやあ、久々のお絵かきはなかなか身が入らず、かなり手抜きな出来。ですがまあ、懸案だったので解決できて嬉しい。

f:id:mayuda:20220103211441j:plain
f:id:mayuda:20220103211321j:plain

 どっちも、何を描いたらいいかいまいち思いつかず、なんとなく落描きしてたら思いついた感じ。前者は月夜に散歩するほろ酔い陽気な虎妖怪、後者は虎をあしらったエンブレムマークをなんとなく考えてみたかったので。かっこよく出来てるかは自分ではわかんないですが。

 とりあえずそんなこんなで、みなさま今年もよろしくお願いします。

行く年来る年…

 さて、2021年のすっかり押し迫った大晦日、本年最後の更新です。

 とりあえず、前回の更新から後、2冊ほど本読めたので、今年の読書冊数は102冊。あれまあ、2020年と全く同じ数ではないですか(笑)ともかく、3年連続でどうにかこうにか年間100冊を維持できているので嬉しい。でも、本棚に眠っている未読の数々が減ってないのは何故だ…結局、ついつい読みたい本をすぐ新たに買ってしまう癖は治らないので、読書スピードにそれが追いつかないので、結局未読本が増えてしまう一方なのですよね。来年はもう少し読めるだろうか…頑張ろう。というわけで年末読書は以下の2冊。

 タイトルに惹かれて購入。しかし、そのプロットとトリックのややこしさにぐ~るぐると振り回され、一回とて犯人も推理の当たることなし。だめなミステリ読みだ私。

 表紙のとぼけた「おとどちゃん」の姿からは想像できない、ガラスのように繊細で、迂闊に触れると指が切れそうな言霊の数々。自分を、人を愛すること、命と向かい合うこと、その命に触れる仕事に各々の心をこめて真摯に励み続ける水族館の職員さんたち。いつもそこにあるのが当然と思っていた地元の水族館。子供の頃から幾度となく足を踏み入れ、なんとなくぼんやり眺め続けたその風景。その中に、こんなにも深く、愛おしい物語が息づいていたなんて。まさか、水族館の本読んで生きることの尊さを教えられるとは思いもしませんでしたよ。Twitterもチェックしたことなかったけど、今度桂浜水族館に足を運ぶときは、これまでと全く違う敬虔な気持ちで向かうことになると思う。美しかろうが醜かろうが、そこに在る命が等しく尊いことを握り締めて。2021年最後の読書がこの本で良かった。

 

 100冊超といっても、中にはページ少なめのムックの類も多く含まれていたりして、ややズルしてる感ありますが(毎年)、来年も同じようにするとは思います。ですが、やはり多くの本に触れれらるのは嬉しい。でも、年々記憶力が弱体化してきて、「面白い」と思ったミステリですら犯人やトリックが思い出せないことも多くなってきて哀しい(笑)。なのでなので、このブログも誰も読んでなくても続けてないと、読んだことすら忘れそうで嫌なのです。もし読んでくださってる奇特な方がいらしたら、来年もどうかお付き合いくださると嬉しいです。よいお年を!

一応100冊達成

 年の瀬も押し迫って三ヶ月ぶりの更新ですが、どうにか今年の読書、100冊ノルマは達成できました。とりあえず現在101冊。あと1冊2冊読みたいけど、忙しいからどうかなあ。でも大晦日までがんばります。時間も気力もないので、この記事も大半書影のみになっちゃいますが…

すっかり年間ミステリランキング上位の常連化してるホロヴィッツ、今回も最高でした。アテュカス・ピュントにもスーザンにも、また会えると思ってなかったので嬉しかったー。これは更にシリーズ化期待していいんですかね?ワクワク。

 実はジャケ買いしてたのに、山本周五郎賞受賞されてから読みました。恥ずかしい。どこまでも血みどろのノワールの最中に、最後に立ち現れる神話的光景の輝かしさよ。こんな融合もあるんだなあ。面白かった。納得の各賞受賞。

 ミステリとしても素晴らしいけれど、基本的な語り口がどこまでも格式高い歴史小説風味なのが、味わい深かったです。納得のこのミス1位。

大好きな月村さんの読み応えがっつり長編2つ。どっちも傑作でした。前者は新キャラ交えた新展開に胸熱。後者は、実は表紙のデザインから仕掛けが始まっている奥深い展開にびっくり。興奮しました。

 こからはごめんなさい!いっぱい感想はあるけど書影のみでのご報告…すみません。

※これは別にウルトラジャンプを読書冊数に入れてるのでなく、付録の「岸辺露伴は動かない短編小説集4を読んだってことで。

 

 

 ちなみに、結構薄い本も混ざってるので、これで100冊??と思われる方もいるかも。ごめんなさい!